まずは簡単なホームページを作ってみよう!

HTMLとCSSは必要

現在、最も簡単にホームページを作成しようと思うならば使用すべきツールはCMSでしょう。CMSとはコンテンツマネージメントシステムと呼ばれ、ホームページの全てを管理でき全くの前提知識なしにホームページを作ることができます。しかし、それではオリジナリティのあるホームーページを作成することができません。そんな時に使うのがHTMLとCSSという二つの言語です。 昔、CMSがなかっ時代にはHTMLとCSSや他の言語を使用したサイトがあふれていたのですが、それらのサイトは余程丁寧に作られたサイトでない限りはとても質素なデザインとなってしまっていましたが、CMSはデザインの良いホームページを半自動的に制作することができます。それでもホームページに自分で何かを書き込む際にはHTMLをしようしたフォントの大きさの調整や改行などは手動で行っていく必要があり、最低限のHTMLとCSSの知識は持っておくべきです。

必要最低限のHTMLとCSSは?

実はCSS自体の知識はそこまで必要にはなりません。CSSとはデザインそのものを弄る言語なのですが、これはインターネット上に参考になる例文が多く、自分で独学で学習するには時間がかかりすぎるのです。そのため、基本的にはカラーコードさえ理解できていればOKです。 HTMLの必要知識は<h1> ~ </h1>や<h4> ~ </h4>などの小見出し、<p> ~ </p>(<br>)で改行、 <strong> ~ </strong>で強調などは何か記事のようなものを書く上で覚えていておかなければいけないものです、あまり使用しないと忘れてしまうものではありますが使用したいときにすぐに出てくるのが理想です、少しづつ勉強していきましょう。

ホームページ制作の見積もりは、今やネット上で複数の業者に対して、一括して依頼できることがあり、多忙な現代人から注目が集まっています。