おしゃれなホームページにするコツ

文字サイズの重要性について

オシャレなページを作る際に重要なのは、配色でしょうか。あるいは画像でしょうか。色々とありますが、プロと素人を分ける最もわかりやすい指標は、文字サイズが適正かどうか、です。 文字サイズというのはレイアウトにとって極めて重要な意味を持っています。一行の送り方にも、視覚に訴えかける効果があるからです。例えば小さい字で行間の狭いテキストは、堅苦しくなりますが、真面目な印象になりやすいです。 一方、大きな字で行間が広いと、ゆったりとしていて開放感がありますが、ややラフなイメージにもなります。 行間を表現する際に、文字サイズというのは非常に重要な要素になってきます。おしゃれなページにするには、相手に与えたい印象に合わせて文字サイズを選択しましょう。

ジャンプ率はきちんと計算する

文字サイズも重要ですが、見出しと本文の文字サイズの比率も重要です。レイアウトの世界では、見出しと本文の文字サイズの比率をジャンプ率と言います。ジャンプ率が大きくなると、活発で明るいイメージを与え、ジャンプ率が小さいと誠実でフォーマルな印象を与えることができます。 一般的に、見出しに使う文字サイズは本文の文字サイズよりも大きくなりますが、H1〜H4などのタグの文字サイズを、規則正しい比率で変化させることを意識すると、ページに統一感が出てきます。 見出しのサイズに統一感のあるページは、文字の印象だけで訪問者におしゃれで洗練された印象を与えることができます。平凡なページかオシャレなページかという差は、こうした細部のディテールによって決まってくるのです。